« 2月23日上麻サ代会 | トップページ | 2月24日サークル会 »

2012年2月24日 (金)

2月20日「児童文化講座」

東京演劇アンサンブルの入江氏をお迎えしての講演会が市民会館の大会議室で行われました。

「ボクの話はあっちゃこっちゃ飛びますからメモなんかとってもしかたないですよ」とご本人がおっしゃるように、豊富な知識と経験に基づいたお話しは盛りだくさんで贅沢な内容でした。しかも氏はアンサンブルの看板役者さんですから話し方も面白い、これは出かけて来て本当に良かったと管理人は得した気分でした。

管理人の印象に残ったキーワードは、

舞台の幕の意味、芝居に同化する、中井正一のハイデガー存在論解釈(芸術的距離)あたりだったでしょうか。他にも面白い話が盛りだくさんでしたが、楽しい雰囲気を味わったという感じで通り過ぎて行っちゃいました。でも、それでいいんだと思います。楽しかったから。

豊富なキーワードで彩られた講演会でしたが、要は「なんでお芝居を見るのか、お芝居みるとなにがいいのか」ってことでした。

娘が3歳になって一緒にお芝居見に行けるのを今日も心待ちにしている管理人でした。

|

« 2月23日上麻サ代会 | トップページ | 2月24日サークル会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1615866/44241846

この記事へのトラックバック一覧です: 2月20日「児童文化講座」:

« 2月23日上麻サ代会 | トップページ | 2月24日サークル会 »